普及掲示物

鍼灸普及用ポスター
No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8No.9No.10
No.11No.12


京都府鍼灸師会 普及部が作成した簡易ポスターです。
会員の皆様で適宜ダウンロードされ、ご活用下さい。
データはPDFファイルにてA4サイズとなっています。
サイズの加工などは自由ですが、内容に関しては著作権の関係上変更はしないで下さい。
また、治療院の外部への広告的掲示、チラシ、ポスティングなどは、あはき法の広告規制に抵触する可能性がありますので行なわないで下さい。あくまでも院内掲示や院内に設置し患者様自身が手にとり持ち帰る、あるいは患者様への手渡しにより配布して下さい。


全部で12種類あります、皆様の治療院名をポスターの下方の余白に刷り込まれれば自院のオリジナルポスター風になります。また、治療院便りの1ページに取り入れたり、カレンダー風にアレンジされても良いでしょう、是非ご活用下さい。 普及部長 岡田

(方法:一例)
一度、ポスターをこのまま印刷されて、その後、ワードなどを利用して、 余白を計算して、自院の名前等を再度印刷する形になろうかと思います。いろいろ工夫してみて下さい。

会員伝達事項

公益法人準備委員会からの連絡事項

京都府鍼灸師会は「公益社団法人」の認定を受けました。こちら

公益法人制度改革関連資料
公益法人制度改革の概要(行政改革推進本部事務局)はこちら

 


IT委員会からの連絡事項
「京都で鍼灸院を探す」の治療院名を記載する欄の空欄が目立ちます。ご確認されて、自分の治療院の名前が空欄である方はご遠慮なく本会事務局までご連絡下さい。【申告制になっています】
「治療院名掲載希望」とメールの件名に記載して「所属地区」と「名前」「治療院名」、HPをお持ちの方は「URL」も記載の上、ご連絡をお願いします。
尚、掲載には治療院の院長が当会会員であることが条件になっています。


又、入会して大分経つのに名前がないとか、名前が消えてしまっている、字が間違っている等の事がもしありましたらご連絡下さい。

 


保険部からの連絡事項
DKシステム(レセプト対応電子カルテ)最新バージョンをご確認下さい。
ここをクリックしてください。

◆療養費支援作業部会(保険審査会)

療養費申請用紙は新統一用紙に変更されています。

旧用紙での提出は、返戻させていただきますのでご注意ください。

京都市「はり・きゅう施術補助券」の申請方法についての注意事項

 平成23年度療養費支援作業部会予定
療養費支援作業部会(保険審査会)は、毎月第1日曜日午前9時より開始します。
(※1日〜3日までが日曜日の場合は第2日曜日が支援作業部会となります。)
それまでに提出して下さい。提出が遅れた場合は翌月の支援作業部会になることがあります。

                                                                                                                

青年部からのお知らせ

【近畿ブロック一泊研修会】平成24年3月10日(土)〜3月11日(日)

会場:炎の里 信楽の宿 小川亭 (〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野876)

初 日 :研修会「慢性疾患に於ける鍼灸師の取り組み」16:00〜17:20

     懇親会18:30〜/二次会21:00〜

二日目 :陶芸体験(信楽陶芸村にて施設見学と陶器造り)9:00〜12:00

<費用>全て参加:16,000円 研修会のみ:1,000円 懇親会:6,000円 二次会:2,000円

<申込>平成24年1月20日締め切り TEL:075−932−7241

           E-mail: osaragi@zeus.eonet.ne.jp 【浦アまで】     

 

 

 

マンスリー(毎月更新)

2014

Vol.116(14.1.1)  Vol.117(14.2.1) Vol.118(14.3.1)

Vol.119(14.4.1) Vol.120(14.5.1) Vol.1120(14.6.1)

2013

Vol.113(13.10.1)  Vol.114(13.11.1)   Vol.115(13.12.1)

Vol.110(13.7.1)   Vol.111(13.8.1)  Vol.112(13.9.1)

Vol.107(13.4.1)   Vol.108(13.5.1)     Vol.109(13.6.1)

Vol.104(13.1.4)     Vol.105(13.2.1)   Vol.106(13.3.1)

2012

Vol.101(12.10.1)  Vol.102(12.11.1)  Vol.103(12.12.1)

Vol.98(12.7.1)     Vol.99(12.8.1)     Vol.100(12.9.1)

Vol.95(12.4.1)      Vol.96(12.5.1)     Vol.97(12.6.1) 

 Vol.92(12.1.1)      Vol.93(12.2.1)       Vol.94(12.3.1)

2011年

Vol.89(11.10.1)  Vol.90(11.11.1)    Vol.91(11.12.1)

Vol.86(11.7.1)       Vol.87(11.8.1)       Vol.88(11.9.1)

Vol.83(11.4.1)       Vol.84(11.5.1)       Vol.85(11.6.1)

Vol.80(11.1.1)    Vol.81(11.2.1)    Vol.82(11.3.1)
2010年
Vol.77(10.10.1)   Vol.78(10.11.1)     Vol.79(10.12.1) 
Vol.74(10.7.1)     Vol.75(10.8.1)      Vol.76(10.9.1)
Vol.71(10.4.1)     Vol.72(10.5.1)     Vol.73(10.6.1)
Vol.68(10.1.1)     Vol.69(10.2.1)     Vol.70(10.3.1)

2009年

Vol.65(09.10.1)   Vol.66(09.11.1)    Vol.67(09.12.1) 
Vol.62(09.7.1)     Vol.63(09.8.1)     Vol.64(09.9.1)
Vol.59(09.4.1)     Vol.60(09.5.1)     Vol.61(09.6.1)
Vol.56(09.1.1)     Vol.57(09.2.1)     Vol.58(09.3.1)

2008年
Vol.53(08.10.1)   Vol.54(08.11.1)    Vol.55(08.12.1)
Vol.50(08.7.1)     Vol.51(08.8.1)     Vol.52(08.9.1)
Vol.47(08.4.1)     Vol.48(08.5.1)     Vol.49(08.6.1)
Vol.44(08.1.1)     Vol.45(08.2.1)     Vol.46(08.3.1)  

2007年
Vol.41(07.10.1)   Vol.42(07.11.1)   Vol.43(07.12.1)
Vol.38(07.7.1)     Vol.39(07.8.1)     Vol.40(07.9.1)
Vol.35(07.4.1)     Vol.36(07.5.1)     Vol.37(07.6.1)
Vol.32(07.1.1)     Vol.33(07.2.1)     Vol.34(07.3.1)

2006年
Vol.29(06.10.1)   Vol.30(06.11.1)    Vol.31(06.12.1)
Vol.27(06.8.1)     Vol.28(06.9.1)